電子カタログはデータ更新のため、現在閲覧できません。
お問い合わせは当社まで電話かe-mailにてご連絡ください。
 
■ベッドでの生活とリハビリテーション ■床ずれの予防と対処 ■トイレと排泄のお世話
■安全な入浴とリハビリ ■車いすで移動のお手伝い ■リハビリテーションと移動のお手伝い
■生活リハビリテーション ■安全に暮らすための手すり ■住宅改修


トイレと排泄のお世話
排泄の介助は、高齢者の自主性や人格を尊重しながら、 自主的にトイレに行ける環境づくりを整えることが大切です。
トイレまで行くのが無理な場合は、ポータブルトイレで排泄できるようにし、 おむつは最後の手段と考えてください。

 

便意がわかり自力でトイレまで行ける場合
歩行補助具を使って歩ける方は、積極的にトイレに行くことでリハビリにもつながります。 しかし、夜間の移動は事故にもつながりますのでベッドのそばにポータブルトイレを用意しておきましょう。夜になってからあまり水分の補給をしないなどの工夫も必要です。

 

起き上がれるがトイレまでいけない場合
  • ポータブルトイレや便器いすなどを使用。緊張をやわらげプライバシーの尊重のため、衝立などで仕切を作ります。
  • 後始末は速やかに行い、消臭剤の使用や充分な換気で臭いを消します。また、おしぼりやトイレットペーパーは取りやすい所に置いておきます。
  • 介護が必要な場合は、介助者はトイレの準備をしたらその場を外し、済んだら呼び鈴等で呼んでもらい後始末をします。

 

ポータブルトイレの使い方(1)
■自分で移動できる場合

(1)ベッドに腰掛けて、良い方の手で便座のふたを開けます。立つ姿勢が不安定な人は座ったまま下着を降ろします。 

(2)手すりをもって立ち上がります。
(3)良い方の足を軸にして、体を90度回転させ、便座にお尻を向けます。 (4)上半身を前に傾けながら、便座に腰を下ろします。 (5)用が終わったら、お尻を前に ずらして後ろに手を回し良く拭いて、下着を上げます。

 

オムツを使う時の注意

おむつに慣れてもらえるように、最初は「パンツ型」を使いましょう。
おむつに抵抗を感じさせない工夫が必要です。

  1. 2〜3時間毎におむつを調べて、排泄のリズムをつかんでください。
  2. 汚れていたら、すぐにおむつを替えてください。
  3. 冬場などは、寒くならないように手早く、不必要な露出は避けてください。
  4. 恥ずかしがらないように、タオルなどを1枚前に当て、その下で手早くしてください。
  5. 発赤、ただれ、傷、床ずれなどがないか気をつけてください。
  6. 床ずれ予防のためにおむつ、寝まき、シーツのしわを伸ばしてください。
■おむつの当て方、替え方(腰を上げられない場合)
おむつカバーを開き汚れが内側になるように、汚れたおむつを丸める。
横向きにする。頸部や陰部をティッシュ→熱いおしぼり→乾いたタオルの順で拭く。
新しいおむつを半分ほど丸めるか、少し折りたたんで差し込む。
反対側に向け、汚れたおむつを取る。よく拭けていないところはもう一度拭いておく。 新しいおむつを引き出す。 仰向けにして、おむつとおむつカバーをする。

 

大人用紙おむつの医療費控除について

お医者さんに「おむつ使用証明書」の発行を依頼します。
「おむつ使用証明書」が発行された日から、大人用紙おむつの領収書を保存してください。な お、領収書には販売店の方に「大人用紙おむつを使う人の名前、商品名」を記入してもらってください。
毎年確定申告の時期に、医療費が大人用紙おむつ代を含めて、10万円を越えた場合、他の領収書と共に、「おむつ使用証明書」と「大人用紙おむつ領収書」を添えて、税務署に申告してください。

 

ポータブルトイレの使い方(2)
■介助が必要な場合
(1)片足を介護される人の間に差し込み、両手で腰を支えながら立ち上がらせます。 (2)差し入れた足を引き、その足のかかとを軸につま先をトイレ側に向けるように体を回転させます。 (3)介護される人のひざを介護者のひざで支えながら、ゆっくりとお尻をトイレの方へ向けます。下着を降ろして座らせます。

 


(C) 2000-2009 Copyright FOR LIFE MEDICAL INC..Allright reserved.